2013年04月08日

UFC137 BJペンvsニック・ディアスの試合を動画で観戦

UFC137のBJペンvsニック・ディアスの一戦の解説です。
YouTubeよりも高画質なので大画面でも迫力満点です!!

どちらも柔術家でありながら打撃も得意とする両者の対戦なので注目される一戦でした。

1R

序盤は両者も探りを入れながら打撃を繰り出しているのですが、どちらも一歩も引かない状態でしたが1R2分位にBJペンがニック・ディアスのバックを取り、試合は大きく動きました。
バックからパンチを当て込んでいきましたが、それほどのダメージを与えることなくスタンドに戻りました。
その後も両者がパンチを繰り出していたのですが、BJペンのパンチの方が若干当たっているような感覚ですね。
バックも取っていたので、1RはBJペンのラウンドでしょう。

2R

1RがBJペンのペースで進んでいたのですが、パンチを受けたわけでもないのですが、ニック・ディアスのプレッシャーが強かったのか、BJペンが失速して一気にニック・ディアスのパンチが当たり始めました。
2Rは、最終的にはBJペンが良く倒れなかったというほど、ニック・ディアスのパンチが当たりました。

3R

BJペンとニック・ディアスどちらも、一歩も引くことなく打ち合いました。
どちらのパンチも当たっているのですが、テイクダウンを狙うことなく、両者が打ち合いました。
両者とも、目が腫れ片目がみえないような状態まで打ち合っていました。

歴史に残る打ち合いの試合となりました。
ここまで来ると、MMAの試合というよりも、ボクシングの試合に近かったのですが、心の打たれる試合となりました。
そして、両者倒れることなく試合終了です。

判定の結果、歴史的な打ち合いを制したのは、、、

判定3-0

勝者はニック・ディアスです。
チャンピオンのGSPへの挑戦が決定しました。

私は、この方法でUFCを観戦しています。
UFC見放題にする方法
posted by UFC動画を観戦しよう at 00:01| Comment(0) | UFC観戦 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。