2013年08月16日

UFC on FX ビトー・ベウフォートvsルーク・ロックホールドの試合を動画で観戦しました

2013年5月18日に行われた、UFC on FX ビトー・ベウフォートvsルーク・ロックホールドの試合を観ました。
YouTubeよりも高画質なので大画面でも迫力満点です!!

ストライクフォースのミドル級の元王者ルーク・ロックホールドと36歳で、なお進化中のビトー・ベウフォートの試合です。

1R
試合が始まり、ルーク・ロックホールドを中心にまわるビトー・ベウフォートが様子を見ている感じでしたが、テイクダウンを狙いタックルするルーク・ロックホールドですが、距離が少し遠かったので、完全に見切られて切られます。
ルーク・ロックホールドが打ってくるところにカウンターを合わせるビトー・ベウフォート。
ルーク・ロックホールドの動きが少し硬く感じます。

その影響か、開始2分30秒でビトー・ベウフォートの後ろ回し蹴りがルーク・ロックホールドの顔面にクリーンヒット!!
そのまま後ろに倒れ込むルーク・ロックホールドに容赦なく的確なパウンドを打ち込みレフリーストップ!!

ビトー・ベウフォートがTKO勝利を収めました。

私は、この方法でUFCを観戦しています。
格安でUFCの試合を観戦
posted by UFC動画を観戦しよう at 15:33| Comment(0) | UFC観戦 | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

UFC on FOX8 デメトリアス・ジョンソンvsジョン・モラガを動画で観戦

フライ級チャンピオンシップのデメトリアス・ジョンソンvsジョン・モラガを動画で観戦しました。
とにかく、スピードのある試合でした。

1R
お互い打っては離れてで、距離の探り合いをしながらこのラウンドの半分が過ぎたところでジョン・モラガがデメトリアス・ジョンソンを金網に押し込みます。ところが、うまく体勢を入れ替えて、今度はジョン・モラガが金網に押し込まれます。
そしてテイクダウンを奪ったのもデメトリアス・ジョンソンです。そのまま抑え込みパンチを出しながらこのラウンドの終了まで抑え込みます。

2R
開始30秒で早くもデメトリアス・ジョンソンがジョン・モラガからテイクダウンを奪います。
そしてサイドポジションを取り抑え込みながらパウンドを連発して打ち込みます。
ジョン・モラガも負けじと下から攻めるが簡単にかわされバックを取られる。
立ち上がるも、そのままデメトリアス・ジョンソンがスープレックスを決め再びジョン・モラガを寝かします。
そしてまた立ち上がるもすぐにドライブしてテイクダウンを奪ったのはデメトリアス・ジョンソンです。
残り10秒でジョンソンが腕を決めに行くが極め切れず2Rは終了。

3R
1分30秒が経過したあたりで、デメトリアス・ジョンソンがジョン・モラガから、またしてもテイクダウンを奪います。そして、バックを取りバックマウントを取ります。
なんとかジョン・モラガも立ち上がったが、すぐさまテイクダウンを奪われ腕を狙われます。
何とかしのいだジョン・モラガが、今度は逆にトップを奪うが、簡単にデメトリアス・ジョンソンに立たれてしまったところで3Rが終了。

4R
開始30秒でデメトリアス・ジョンソンがジョン・モラガから、またしてもテイクダウンを奪います。
その後何とか立ち上がったが、ジョン・モラガが強烈なミドルキックを受けて、一瞬ひるむような場面も出てきました。
残り約1分で、デメトリアス・ジョンソンがジョン・モラガを金網に押し込みギロチンを狙うが少し浅かったようで深追いはせず、離れ際にパンチを打ち込みヒットさせる。
だが、残り30秒でジョン・モラガのパンチがクリーンヒットして、一気にラッシュをかけるも決め切れず、最後には逆にテイクダウンを奪われ4R終了。

5R
デメトリアス・ジョンソンがこのラウンドも簡単にテイクダウンを決める!!
テイクダウンからサイドを取り、立ち上がりざまをガブリたまらずジョン・モラガが引き込み下に。
立ち上がるも、またテイクダウンを奪いサイドを取り肘を打ち込みます。
防御をし始めたところで、アームロックを狙い、そのまま腕十字でタップアウト!!

デメトリアス・ジョンソンがジョン・モラガから1本勝ちをおさめました。


私は、この方法でUFCを観戦しています。
格安でUFCの試合を観戦


posted by UFC動画を観戦しよう at 23:09| Comment(0) | UFC観戦 | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

UFC117 アンデウソン・シウバvsチェール・ソネンを動画で観戦

2010年8月7日に行われたUFC117のアンデウソン・シウバvsチェール・ソネンの動画観戦をお伝えします。

この試合はミドル級のチャンピオンシップなので、5分5Rで行われます。

1R
開始直後はお互いが探りながらパンチを打っていく展開でしたが、50秒が経過したところで、チェール・ソネンの左フックがアンデウソン・シウバのあごにヒットしてシウバがぐらつく場面もあり、その後もパンチが当たるのはチェール・ソネンの方です。
そして、2分経過したところでテイクダウンをチェール・ソネンが奪う。
その後も、アンデウソン・シウバを金網に押し込み、チェール・ソネンがパウンドを打ち込む場面が続く。
さらにバックを取る場面もあるが、アンデウソン・シウバも戻し、チェール・ソネンのパウンドを打ち込んだ場面が続き1R終了。

2R
このラウンドも開始10秒でチェール・ソネンがテイクダウンを奪い肩パンチを当て込みながらパスを狙っていく展開。その後は1R同様にパウンドをチェール・ソネンが当て込み、アンデウソン・シウバがしのぐ展開が続き、2Rも終了。

3R
このラウンドも前のラウンドと同様にチェール・ソネンがテイクダウンを奪いアンデウソン・シウバがしのいでいるだけ展開に。
このラウンドもアンデウソン・シウバが一度も立ち上がれないまま、このラウンドも終了。

4R
初めて違う展開になったのがこのラウンドです。
開始直後にアンデウソン・シウバのヒジがヒットして、チェール・ソネンがぐらつき、この試合初めてアンデウソン・シウバがチェール・ソネンの上を取りました。
アンデウソン・シウバの逆襲が始まると思った直後に、チェール・ソネンが返して、またしても上を取る展開に。
このラウンドも、チェール・ソネンが上からパウンドを当て込む展開が続きます。
ただ、このラウンドの終了近くにアンデウソン・シウバの下からのヒジがヒットして、チェール・ソネンの目尻がパックリと割れました。

5R
最終ラウンドにアンデウソン・シウバの強烈な打撃が見られるのかと思っていたら、開始30秒で、逆にチェール・ソネンのパンチを受け、しりもちをつき、またしても下になる展開となりました。
このラウンドもチェール・ソネンがパウンドを打ち込む展開が続いて、このまま、チャンピオン交代と誰もが思っていたのですが、一瞬の隙を突きアンデウソン・シウバが、下から三角締めをチェール・ソネンに決め、終了目前にまさかの大逆転勝利を奪い、防衛に成功しました。


私は、この方法でUFCを観戦しています。
格安でUFCの試合を観戦
posted by UFC動画を観戦しよう at 20:24| Comment(0) | UFC観戦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。